有限会社GIP Body Works

カーエアコンをより効かせる方法

 

夏本番の猛暑日が続く中、

車内はエアコンを

入れなくてはいられないほど

温度が高くなっていますね。

 

 

今回は、カーエアコンの効きを良くする方法について

お話させていただきます。

 

 

 

 ≪エアコンガスの不足・漏れ対策≫

エアコンガスは年間約3~5gずつ抜けてしまい、

不足していたり、どこからか漏れたりしていると

エアコン本来の性能を発揮できず、冷えない原因になります。

点検・補充をすることで、エアコンの効きが良くなります。

 

 

 

 ≪フィルターなどの汚れ・詰まり対策≫

エアコンフィルターは、虫やゴミなどの見える汚れ以外にも

雑菌、カビ、黄砂、花粉、PM2.5など

身体に悪影響を与える汚れが付着しています。

汚れや詰まりは、風通りを悪くするだけでなく

エアコンをつけた際の嫌な臭いの原因にもなりますので、

エアコンフィルターの定期的な交換をオススメいたします。

 

 

ちなみに…

メーカーが推奨しているフィルターの交換時期は

1年 または 走行10,000km に1回

となっております。

 

 

 

 

 

【エアコンが全く効かない場合は?】

カーエアコン故障の原因として、

ガス漏れだけでなく、コンプレッサー、電動ファンなどの部品に

不具合が見つかるケースもあります。

 

 

 

 

 

 

今年の夏も、快適なドライブを

お楽しみいただくためにも

カーエアコンの点検をされてはいかがでしょうか。

 

 

 

お車のこと、なんでもお気軽にご相談ください!

 

カテゴリー:TOPICS
↓